TOPICS

Sequence 1

In this fashion based art project, Michael Ho satires the collapsing of the distinctions between the fashion and art world. Outsider art and fashion is making its way through the back door of the high end art world. Conversely, fine artists are making their way outside of institutions and the white cube, through collaborative projects with commercial brands. Sequence 1 plays with this reversed cultural phenomenon, intentionally asserting its own “confused” identity. The collaborative efforts between Ho, a professional model/actress, protographer, and hair and makeup artist, simulates the polished aesthetic of a fashion label. The way in which a viewer “consumes” art becomes a more literal gesture through one’s patronage, while also functioning as a form of art collecting. The customer becomes a participant in this satirical simulation. The ambiguous and almost contradictory nature of the project exemplifies and investigates the current “trend” of the contemporary art world.

『シークエンス1』作品解説

マイケル・ホーはファッションを題材にしたこのプロジェクトを通じて、ファッションと芸術の境界が崩れつつある現状を風刺しています。かつて異端とされたアウトサイダーアートや商業の一分野であるファッションが、いつの間にか正統派の芸術の世界にじわじわと入り込み、その一方で正統派の芸術家が、商業ブランドとのコラボレーションなどを通じて、従来の慣例にとらわれず、美術館での展示という枠を飛び出しつつあります。Sequence 1はそうした相反する文化的現象を揶揄し、自らのアイデンティティが「混乱」しているさまをあえて見せつけます。ホーは、プロのモデルや女優、フォトグラファー、ヘアメイクアップアーティストとの共同作業を通じて、ファッションブランドが磨き上げた美意識の模倣を行っています。一方、鑑賞者は芸術を「消費」することで、パトロンとしてより率直な意思表示をすることになり、同時にそれが芸術蒐集の一形態としての機能も果たすようになっています。すなわち消費者もまた、この作品が表現する風刺的な模倣に参加しているのです。相反する解釈が可能で、矛盾をはらんでいるともいえるこのプロジェクトは、コンテンポラリーアート界の今の「トレンド」を実例により検証するものです。