新井碧(あらい みどり)は1992年生まれ。
2015年に東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻を卒業。
2022年京都芸術大学修士課程芸術研究科美術工芸領域油画専攻を修了。
無意識的な動作の痕跡や身体の有限性に焦点を当てている。鑑賞者に「描く行為」自体を身体的に想像・追体験させる手法を用い、生命と時間の在り方について問いかける。

<主な個展>

2022「まばたきのシノニム」biscuit gallery (東京)
2023「持続する線」FOAM CONTEMPORARY 銀座SIX (東京)

<主なグループ展>

2023「収縮と剥落」HIRO OKAMOTO GALLERY (東京)
2023「茫洋/波打つリズム」GALLERY HAYASHI+ART BRIDGE (東京)
2024「TAIWA vol.1 -Proiect to smelt utopia- 」 blend studio (大阪)
2024「TAIWA vol.1 -Proiect to smelt utopia- 」 blend studio (大阪)
2024「ART ONE&ONLY」GALLERY HAYASHI+ART BRIDGEブース   SETEC (ソウル)

主な受賞歴

2020TURNER AWARD 入選
2022京都芸術大学 大学院修了展 優秀賞