EXHIBITIONS

Kotao Tomozawa Special Exhibition “INSPIRER”

Kotao Tomozawa Special Exhibition “INSPIRER”

友沢こたお 2022年11月5日(土)〜 2022年12月17日(土)

Tokyo International Gallery、友沢こたおによる個展 “INSPIRER”を開催
〜自身初となる 200 号の超大作に挑戦〜

スライム状の独特な物質を覆った人物像を、キャンバス上に描く友沢こたおの作品は、鑑賞者の網膜や感情によって多重する屈折により人々を魅了してきた。
スライムを被るというモチーフこそオリジナルでインパクトは壮大だが、その作品自体のクオリティーの高さには数多くの人々を圧倒し続けている。
生々しく描かれた友沢氏の作品は、全体を望むとまるで動いているかのような錯覚を覚え、作品に近づくほどその繊細な油絵具のアーティストによるコントロールが目に焼き付く。
鑑賞者は作品との距離を模索しながら、それぞれ鑑賞に浸る。
今展示では、十数点の新作を公開。自身初となる超大作・200号にも挑戦し、鑑賞者を再び”INSPIRER”する。

―アーティストステートメント―

鼓舞し続ける手―何が彼女の発想を掻き立て、

何が彼女の手を奮い立たせるのか。

人物を覆うスライムは何を語り、

鑑賞者との間にどんな対話が生まれるのか。

力強い作品はそれ自体に存在感がある。

誰もが想像を絶する友沢こたおの世界へようこそ。

色へのこだわり、影への執着、アーティストの生き様を是非味わっていただきたい。

ARTIST PROFILE

アーティストプロフィール

友沢こたお

友沢こたお

1999年フランス・ボルドー生まれ。 スライム状の物質と有機的なモチーフが絡み合う独特な 人物画を描く。シンプルな構成ながら、物質の質感や透け感、 柔らかさのリアルな表現が見る者に強い印象を与える。 東京藝術大学美術学部絵画学科油画専攻で学び、2019年度 久米賞受賞、2021年度上野芸友賞受賞と、早くから注目される。近年の個展に、「SPIRALE」(PARCO MUSEUM TOKYO、東京)、「Monochrome」(FOAM CONTEMPORARY,   東京、2022)、「caché」(tagboat、東京、2021)、 「Pomme dʼamour」(mograg gallery、東京、2020)、 グループ展に「Everything but…」(Tokyo International Gallery、東京、2021)などがある。 現在、東京藝術大学大学院美術研究科在学中。

VIEW MORE
OVERVIEW

開催概要

展示会タイトル
INSPIRER
開催期間
2022年11月5日(土)〜 2022年12月17日(土)
開廊時間
12:00-18:00
休館日
⽇・⽉・祝
オープニングレセプション
2022年11月5日(土)17:00 〜 20:00
アクセス
東京臨海高速鉄道臨海線「天王洲アイル駅」から徒歩約8分、 東京モノレール羽田空港「天王洲アイル駅」 」から徒歩約10分、 京急本線「新馬駅」から徒歩約8分