EXHIBITIONS

UTSUROI

UTSUROI

川村摩那、袁方洲 2024年1月13日(土)〜 2024年2月17日(土)

Tokyo International Gallery、新進気鋭作家2名による2人展「 UTSUROI 」を開催!!

株式会社Tokyo International Gallery(品川・天王洲)では、新進気鋭作家・川村摩那、袁方洲の2名による2人展、「 UTSUROI 」を開催いたします。

日本語・日本文学を学んだ経験から文脈や受け手によって意味が変わる言葉の性質に興味を持ち、自身で書き綴った詩や散文に現れる言葉や情景をモチーフにして絵画を制作。キャンバスに描き重ねられた文字や図形の形が崩れて交わっていく様に、言葉の意味の移ろいゆきを重ねて表現を行っている川村摩那。

人・物・自然の関係性に着目し、ポスト・ミニマリズムや仏教などの東洋思想に影響された自身の哲学に基づき、ガラス素材を中心に、立体、絵画、映像など複数のメディアと技法を交錯させる作品を展開する袁方洲。

「かたち」を単なるものの外形ではなく、「内なるものが表に現れた姿」と捉えその内なるものが日本の文学や東洋の思想といった目には見えない人間の記憶や感情、さらには自然の持つ不可視な力とする時、鑑賞者は目にしている「かたち」からどのようなメッセージを受け取ることができるのでしょうか。

川村の作品に用いられる言葉や文学、袁の着目する思想といった知的な背景や感情、そして自然の神秘的な力といった多くの要素が複合的に結びついて具現化された「かたち」の解釈は、個々の視点や経験によって異なり、その意味や感じ方は鑑賞者それぞれによって異なるものとなるでしょう。

時代によって捉え方が変化する言葉の移り変わり、時間によって形作られる物質の変化を通して、時の移ろいを体感する展示を是非お楽しみください。

ARTIST PROFILE

アーティストプロフィール

川村摩那

川村摩那

日本近代文学作品に浮かび上がる情景や登場するモチーフ、テキストから創造したイメージをもとに絵画を制作している。日本語・日本文学を学んだ川村は文脈や受け手によって意味が変わる言葉の性質に興味を持ち、文字の形が崩れて意味が移ろいゆく様を表現しようと試みている。 文学作品を物理的・視覚的な形で「観る」経験を提供する 。

VIEW MORE
袁方洲

袁方洲

ポスト・ミニマリズムにおける現象学的な経験から影響を受け、袁の作品は抽象的な幾何形体や物質性、規則的な反復表現に対する強い興味を示す。近年の作品では人・物・自然の不可分な関係を可視化し、ガラス素材そのものの「意識」を通じて彼自身と現実のつながりを確立します。幼少期から絵画を勉強し、大学時代からガラス素材の研究を始まった彼は、独自の世界観を基づき、自然と人工、現実と非現実、見えるものと見えないものといった、彫刻や絵画作品をとりまく複数の境界線を行き来しながら自身の表現を展開している。

VIEW MORE
OVERVIEW

開催概要

展示会タイトル
UTSUROI
開催期間
2024年1月13日(土)〜 2024年2月17日(土)
開廊時間
12:00-18:00
休館日
⽇・⽉・祝
オープニングレセプション
2024年1月13日(土)17:00 〜 20:00
アクセス
東京臨海高速鉄道臨海線「天王洲アイル駅」から徒歩約8分、 東京モノレール羽田空港「天王洲アイル駅」 」から徒歩約10分、 京急本線「新馬駅」から徒歩約8分